体質だからと諦めないで!混合肌に負けない私の作り方

日本人に最も多いと言われている混合肌。特にこの時期、つまり季節の変わり目は寒暖差や体調の変化によって肌トラブルが増えます。部位によってテカったり、乾燥したり・・・ただでさえやっかいな混合肌。根本的な原因、そして正しいスキンケアを学んで、季節に惑わされない年中スベスベ肌を目指しましょう!

 

混合肌って?

iStock_000055742280_Small

肌質は、代表的なオイリー肌と乾燥肌が挙げられますが、そのどちらの要素も含んでいるのが混合肌です。額と鼻のいわゆるTゾーンがテカるのに頬はカサカサと乾燥している、夏はテカるのに冬になると乾燥して皮がむけてしまうなど、人によっても症状は様々です。

 

季節の変わり目に起こる肌トラブル

Young woman squeezing pimple on her cheek on white background

肌は皮脂と汗を排泄することによって、汚れを防いだり透明感を保っています。その働きを促しているのが自律神経。暑さや寒さなど、私たちの感覚を脳に送り、汗を流したり体(肌)を動かそうとする働きを持っています。この時期は気温差が大きく、そのせいで自律神経のバランスが崩れ、肌の働きも鈍くなってしまいます。よって、季節の変わり目に吹き出物などの肌トラブルが多くなるのです。

 

すべて体質のせいとは限らない

iStock_000027362850_Small

まずは外部から受ける刺激。間違ったスキンケアや紫外線、エアコンによる乾燥や食生活の乱れなど、私たちの生活と深く結びついているものばかり。間違ったスキンケアに多いのが、混合肌にも関わらず自分はオイリー肌だからと過剰に汚れを落としたり、偏ったケアをしてしまうこと。どれも肌に大きな刺激を与えてしまっているということを理解しましょう。

 

iStock_000058628492_Small

内的要因としては、ストレスや生理前後に起こるホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。肌トラブルが起きた場合、第一に外的要因を考えてしまいがちですが、意外にも気持ちの面と深く繋がりがあるのです。

基本的なケアは同じ

iStock_000085484693_Small

外的要因にもあった「間違ったスキンケア」。混合肌といっても、オイリー肌や乾燥肌と基本的なケアは同じです。ここで重要になってくるのが“保湿”。そう聞くと、乾燥肌だけじゃないの?と少し不思議に思いますが、肌のテカりや黒ずみも根本的な原因は保湿不足にあります。

 

テカるからこそ“保湿”が大事

Shot of a beautiful woman applying moisturizer to her face

テカりが気になるからと、さっぱりとした化粧水や洗顔を使うのは逆効果。Tゾーンが油っぽくなるのも、肌が乾燥から守るために皮脂をたくさん出すからです。保湿不足によって、混合肌はどんどん症状が悪化していきます。

 

洗顔の順番はTゾーンから

iStock_000027324234_Small

洗顔料はよく泡を立て、皮脂の多いTゾーン(額・鼻・顎)から順に泡を置いていきましょう。ごしごしとはこすらず、泡で洗うように優しく行ってください。また、熱いお湯は乾燥の元。だからといって冷たすぎると汚れが詰まったまま毛穴が引き締められてしまうので、肌荒れが発生します。水の温度はもぬるい程度がちょうど良いでしょう。

 

部分的アプローチ

Cream and cotton pads and sticks hygiene

基本的に、化粧水→乳液の順で大丈夫ですが、乾燥がひどい部分にはオイルやクリーム、乳液を重ね付けしましょう。皮脂の多い部分と乾燥がひどい部分、普段気になる部分に少し気をつけるだけで肌質も少しずつ良い方向に変わっていきます。

 

コンディションを決めるのは朝の洗顔

iStock_000085874021_Small

普段、みなさんは朝の洗顔をどのように行っていますか?夜は洗顔料を使っている方も多いですが、朝の場合、夜と同様洗顔料を使っているという方もいれば、水のみという方もいるのではないでしょうか。

 

どっちが正解?

Daily cleansing cosmetics - face wash cleansing gel, smoothing toner and cotton cleansing pads isolated on white background.

洗顔料は肌の汚れを落としてくれる分、肌の刺激にも繋がっています。1日の終わりは、ホコリや汗、皮脂など汚れの付着が多いですが、朝起きた時点では肌表面はそれほど汚れていません。そのため、基本的には水で十分汚れを落とすことができます。

 

皮脂による肌トラブルが多い方は「水+少しの洗顔料」

iStock_000083182619_Small

普段から吹き出物など皮脂による肌トラブルが多い方は、朝気になる部分(Tゾーン・吹き出物)にのみ洗顔料を使う方法がおすすめです。まずは顔全体を水でよく濡らし、皮脂の多い部分にだけ泡立てた洗顔料をのせていきましょう。念入りに洗う必要はありません。そして、また顔全体を水で洗うようにして泡を落としていきます。あとはいつも通り化粧水や乳液で保湿を行うだけです。毎朝行えば、肌荒れの予防にも繋がります。混合肌だからこそ、部分的ケアが美しい肌への近道です。

 

ストレスフリーを目指して

ストレスが肌質をさらに悪化させていることがわかりましたね。肌トラブルに対して間違ったケアを行えば、それがまたストレスに繋がり悪循環を生みかねません。まずは今までのスキンケアを見直し、鏡を見るのが楽しみになるような肌トラブルゼロの自分へ!